【無料診断】あなたに最適なオンライン英会話 →CLICK!

英語学習でwpmの目安は?ネイティブが話す・読むスピードになるには!

英語学習を続けていると耳にする『wpm』という言葉。

スピーキングやリーディングのスピードにおいてよく用いられるのですが、読者さまはきちんと理解できているでしょうか?

実はTOEICなどの英語試験対策においても重要であるwpm。

自分のwpmを知っていると、

  • 今の英語レベルがわかる
  • 目指すべきレベルがわかる
  • 自分に合った英語の教材が選択できる

このようなメリットがあるのです。

そこで今回は、英会話のモチベーションアップにも役立つ『wpm』について詳しくご紹介します!

この記事を読んで分かること
  • wpmの概要
  • wpmの測り方とレベルの目安
  • wpmを向上させる方法
10年で5社のオンライン英会話に入会しました!
  • 仕事と育児の合間にオンライン英会話で英語学習、TOEIC900点に
  • 米国在住(駐在妻)、オンライン英会話を続けながら実践で奮闘中!
  • オンライン英会話の良さをあなたに届けたい

>>たなえりの詳しいプロフィールはこちら

オンライン英会話マニア、2児の母
たなえりです

「wpm」の言葉を知らなかった人も、この記事を読めばこれからの英語学習に役立てることができますよ!

目次

wpmとは?

wpmとは「Words per minute」の略で「1分間あたりの単語」を表します。

スピーキングやリーディング速度を表す指標として、英語教育の中でも使われるほどポピュラーなものになりました。

「1分間に”話す”単語数のこと」
「1分間に”読める”単語数のこと」

“wpm”は、上記のように限定的な説明がされやすいです。

しかし、このような説明があると「結局wpmって話すスピードのことなの??読むスピードのことなの???」と混乱してしまいますよね。

実はwpmは、もともとモールス通信という電気通信にて、1分あたりに送受信する単語数の値として使用されていました。

送受信する単語数ということは、”処理される”単語数のこと。

つまりwpmは、1分あたりどれだけの単語を処理できたかを測るための指標を意味するのです。

ですからスピーキングやリーディングに限らず、タイピングや手書きの速さなどを測る値としても利用されているのですよ。

・1分間に150単語を話したなら、150wpmのスピーキング速度
・1分間に150単語を読めたなら、150wpmのリーディング速度
・1分間に150単語を書けたなら、150wpmのライティング速度

このように、あらゆる状況に応じてwpmを用いることができます。

たなえり

wpmはいろいろな基準に置きかえることができるのですね!

それでは次に、wpmを使った「ネイティブの話すスピードと読むスピード」をチェックしていきましょう!

ネイティブスピーカーの話すスピード

ネイティブスピーカーの話すスピードは、以下のwpm数値で表すように、シチュエーションによってかなり幅があります。

一般的な会話160~200wpm
朗読・国際スピーチ150~160wpm
オーディオブック150~160wpm
CNN・ABCニュース180~190wpm
オークショニア・解説者250~400wpm

数値を見てもわかるように、日常会話でもゆったり話す人と早口な人でかなりの差があることがわかりますね!

TOEICのリスニングセクションの速さは150~160wpmほどなので、オーディオブックの朗読と同じくらいということになります。

たなえり

ちなみに日本人の英語のスピーキング速度は120wpm程度

英語初心者だともっと低く、100wpm程度だと言われています。

スピーキングレベルを上げるにはとにかくレッスンです。(個人的にスピーキングが苦手なので身にしみて感じています)

ネイティブキャンプのスピーキング力強化のための教材についてこちらにまとめました。

ネイティブスピーカーの読むスピード

ネイティブスピーカーの読むスピードは、以下で表すwpm数値が平均的です。

Grade 3(小学3年生)150wpm
Grade 8(中学2年生)250wpm
Collage students(大学生)450wpm
Speed readers(速読者)1,500wpm

速読者だと1,500wpmという高さですが、一般のネイティブスピーカーの平均的なリーディング速度は300wpmだそうです。

たなえり

ちなみに日本人の一般的な英語のリーディング速度の平均は、高校生が75wpm、大学生が80~100wpmと言われていますよ。

TOEICのリーディングセクションで時間内に全問解き終わる目安の速さは、150wpm~と言われています。

日本人の平均速度から考えても、解き終わるにはwpmを上げるトレーニングが必要だということがわかりますね。

wpmを上げる効果的なトレーニング方法は後ほどご紹介するので、楽しみにしてください♪

wpmの測り方

今の自分がどれくらいのスピーキング・リーディング速度なのかを知るためには、実際にwpmを計測してみるのが一番です!

実はwpmは、簡単な計算で求めることができます。

wpmの計算式

wpm=単語数÷秒数×60

文章の難易度などでも値は変わってきますので、何回か試して平均値を出してみると良いですね。

wpmを自分で測るのがむずかしいという方は、「英語総合読解力測定メジャーさん」や「CHANGE Learning」というサイトで測定できます。

自分のwpmがどれほどのものか気になる方は、ぜひチャレンジしてくださいね!

ネイティブスピーカーに近づくwpmトレーニング方法

読者さま自身のwpmの計測はできたでしょうか?

ネイティブスピーカーと比べると、かなり差があったのではないかと思います。

話すスピードや読むスピードを速くするためには、英語の処理能力の高さが求められます。

たなえり

私たちのようなノンネイティブでも、練習することでどんどん早くなるから落ち込む必要はありません!

練習を続けると、どんどん英会話が楽しくなりますよ!

それではここから、wpmを更に上げるトレーニング方法をご紹介します!!

トレーニング方法1.シャドーイング

シャドーイング英語の音声を聞きながら、聞こえてきた英語を瞬時に真似るトレーニングです。

こちらの動画は、英会話スクール【プログリット】で学ぶ本田圭佑さんがシャドーイングをしている様子です。

このように聞きながら声に出すことで、リスニング力やスピーキング力が鍛えられます。

シャドーイングのやり方
  1. 英文(テキスト)を見ながら音声を聞く
  2. 音声に合わせて英文を音読する
  3. 英文は見ずに音声をシャドーイングする
  4. 音声のスピードで内容が理解できるまで、①~③を繰り返す

ポイントは音声のスピードでシャドーイングすることです!

たなえり

wpmが150以上あるネイティブが話す教材で、シャドーイングの練習をするのが効果的と言われています!

ただし「とりあえずシャドーイングをやろう」という考えで見切り発車をすると、ほぼ失敗します。

しっかりとシャドーイングのやり方を理解して、トレーニングしてくださいね!

たなえり

私は、ネイティブキャンプの「発音実践コース」を受講してシャドーイングをやっています!

トレーニング方法2.多読

多読はリーディング力アップに効果的なトレーニングです。

とにかくたくさんの英語の文章に触れることが大事なので、さまざまな英文を読んでみましょう。

絵本や好きな洋楽の歌詞など、自分にとってチャレンジしやすいものに取り組むのがポイント!

初めからむずしいものにチャレンジすると、続けることが辛くなってしまうので、自分のレベルよりも低いものから試してみると良いですよ!

たとえばDMM英会話では「デイリーニュース」という各国のニュースを教材として提供しています。

同じニュースでも内容によってレベル分けされているので、自分のレベルに合わせて選べますよ。

それではここから、wpmを上げる多読のやり方をご説明します。

なぞり読み

日本語と英語は文の構成が違いますよね。

そのため日本人が英文を読むと、読み進めている途中で文頭から読み直すという「戻り読み」をしてしまう傾向があるんです。

読者さま

たしかに、読み進めるうちに内容を確認したくて、つい読み戻しちゃうことあります。

たなえり

これでは読み終わるのに時間がかかるので、戻り読みを防ぐ練習が大切です!

そこで効果的な方法が、指やペンでなぞりながら読むことです。

なぞり読みのやり方
  • 読んだことのある長文を用意する
  • 指でなぞりながら読み進める
  • 一定のペースで読め進められるまで、繰り返しなぞり読みをする

この時のポイントは、戻り読みをしないこと!

初めは早く読もうとするよりゆっくりでもいいので、戻ることなく読み進める癖をつけましょう。

たなえり

前後の文章で推測もできるから知らない英単語で立ち止まらないこと。
とにかくまずは読み進めてみてください!

読み進める癖がついたら、初めて見る英文にもチャレンジしていきましょう。

初見でもwpmが200以上で読めるようになると、速読の力が身につきますよ!

たなえり

初めのうちは、同じ長文でなぞり読みの練習を繰り返すのが効果的です!

速さを意識して読む

多読初心者であれば、続けるだけでリーディング力のアップが期待できます。

加えて、速さを意識して読むことでwpmの伸びは著しくなります!

そこである程度多読に慣れてきたら、時間を計りながら読む練習をしましょう。

自分のリーディング速度が少しずつ上がっていくのがわかりますよ!

たなえり

成長を感じると楽しくなってくるので、定期的に記録を残していくことがおすすめです!

トレーニング方法3.英語の知識を深める

ご紹介したシャドーイングや多読は、wpmを上げるのに効果的なトレーニング方法です。

さらに2つのトレーニングに加えて英語の知識を身につけると、習得スピードがあがりますよ!

たなえり

具体的には英単語や文法の勉強です!

確かに、知らない英単語があっても、前後の文脈で意味を推測することはできます。

しかし知らない英単語を推測しようという意識が働くぶん、読み終わるのに時間がかかってしまうのです。

例えば以下の例文を読んでみましょう。

She makes me happy. (彼女は私をハッピーにしてくれる。)

この英文の場合、makeには「〜する」という意味があるとわかっていると、推測せずに読み進められますよね。

wpmを上げるためには、学生時代に勉強した英文法や英単語を知っているかどうかもポイントになりますよ。

wpmを測ってネイティブスピーカーに近づこう!

自分のwpmを知ると、英会話学習やTOEICなどの資格学習の目安になり、目指すレベルがわかりやすくなります!

自分にあったレベルの英語教材を探す手助けにもなりますので、ぜひ自分のwpmを測ってみてくださいね!

wpmを上げるトレーニング
  • シャドーイング
  • 多読(なぞり読み、速さを意識して読む)
  • 英語の知識を深める

このようなトレーニングをすることで、あなたもネイティブのナチュラルスピードに近づけるはずです。

wpmを上げるためのトレーニングは実際の外国人との会話を取り入れることで、さらに効率よく鍛えられますよ。

たなえり

シャドーイングとオンライン英会話の組み合わせは、スピーキングトレーニングとしては最強かも!

ネイティブキャンプの無料トライアルは7日間レッスン受け放題です。

ネイティブキャンプの特徴
  • プランを気にせずに回数無制限でレッスンが受け放題
  • 原則予約が不要
  • 講師の国籍が120カ国以上
  • 4技能を効率よく鍛えられる自習コンテンツが充実している
  • 通常より4倍早く英語を習得できる「カランメソッド」を導入している

>>ネイティブキャンプの詳細を見てみる

  • 初月費用95%OFFネイティブキャンプ最大割引!
新規会員登録324円!【2022年1月1日~1月31日】
※本文中に記載があっても、期間中の「7日間無料トライアル」はありません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる