【最新】今月の無料体験キャンペーンはココをタップ!

TOEIC700点と英検2級を比較!語彙レベルの違いとは?

読者さま

TOEIC700点と英検2級ってどのくらいのレベルなの?
英検2級があれば、TOEICスコア700点取れるのかしら……。

TOEICで700点を取ると、就職・転職活動でかなり有利になります。

将来のことを考えてTOEICを受けようと思った時、700点を目標にする方もいるのではないでしょうか?

たなえり

私も最初はTOEICスコア700点を目標にしていました!

一方で、英検はどうでしょう?

TOEIC700点を英検に換算すると、2級レベルです。

英検2級を持っていると、海外留学や大学入試で優遇を受けられるようになります。

「英語力を身に付けたい!」と思う方は、両方チャレンジするのがおすすめですよ!

なぜなら、それぞれの試験内容の語彙レベルに大きな違いがあるからです。

ではいったい、何がどう違うのでしょうか?

この記事ではTOEIC700点と英検2級の語彙レベルを比較しながら、2つの資格の違いを解説いたします

10年で5社のオンライン英会話に入会しました!
  • 仕事と育児の合間にオンライン英会話で英語学習、TOEIC900点に
  • 米国在住(駐在妻)、オンライン英会話を続けながら実践で奮闘中!
  • オンライン英会話の良さをあなたに届けたい

>>たなえりの詳しいプロフィールはこちら

オンライン英会話マニア、2児の母
たなえりです
目次

TOEIC700点と英検2級はどのくらいのレベル?比較してみた!

TOEIC700点と英検2級のレベルは一体どのくらいなのでしょうか?

まずは次の比較表をご覧ください。

TOEIC700点英検2級
レベル難関大学(東大など)の学生平均点高校卒業程度(共通テストと同レベル)
単語数約7,000語約5,000語
難易度700点以上の人は全体の約30%1次・2次試験合わせて合格率約25%
メリット・就職・転職に有利
・履歴書でアピールできる
・海外留学に有利
・大学の入試優遇・単位認定が受けられる

メリットを見ても分かるように、TOEICは「社会人向き」・英検は「学生向き」な試験となっています。

単語数はTOEICの方が2,000語も多いですね。

ではTOEICから詳しくみていきましょう!

TOEIC700点のレベルとは?

引用:TOEIC公式HP

TOEIC700点を取ると、次のようなことができるレベルと言われています。

TOEIC700点のレベル
  • 英語で聞き取りそのまま英語で回答できる
  • 英語の資料やメールを読める
  • 仕事での日常業務を英語でやり取りができる
たなえり

私が700点を取ったときは、英文をわざわざ頭の中で日本語訳せず、英語のまま理解できるようになっていました。

簡単な文章であれば会話もできたので、辛かった勉強が楽しく感じられるようになったのも、この頃でしたよ。

企業別の採用スコアをみると、三菱電機やブリヂストンは700点としています。

さらに730点代の企業は、ソフトバンク・武田薬品があります。

TOEIC700点を取れば上場企業の国際部署で活躍できるほか、子ども英会話教室の講師などもできますよ。

スコアを伸ばせば伸ばすほど、仕事の幅がグンと増えますね!

また就職活動では、TOEIC600点から履歴書に書いてアピールできると言われています。

TOEIC600点の価値については、こちらの記事をご覧くださいね。

続いて、英検を見てみましょう!

英検2級のレベルとは?

引用:英検公式HP

英検2級を取ると、次のようなことができるレベルと言われています。

英検2級のレベル
  • 医療やテクノロジーなど社会性のある英文が読める
  • 自分の考えを英語で書くことができる
  • 日常的な会話を聞いて内容を把握し、返答することができる
  • 聞かれた事柄に対して、短いセンテンスでの会話ができる

英検2級を持っていると、大学入試で加点や試験免除の優遇が受けられる場合があります。

大学受験を有利にするためにも、高校生のうちに取得するのがおすすめです。

ですが2級は、英語を自分のスキルにするための基礎を固めるレベルなので、大人になってからでも挑戦する価値は十分ありますよ!

英検2級あればTOEIC700点は取れる?

結論からお伝えしますと、英検2級があればTOEIC700点は取れます!

理由は、英検2級はTOEICに換算すると550〜775点といわれているからです。

たなえり

頑張れば800点も目指せるレベルですよ♪

しかし、油断はできません。

ここでTOEICと英検2級のテスト内容を比べてみましょう。

TOEIC英検
合計テスト時間2時間1時間50分

テスト形式

・リスニング45分
・リーディング75分
(※マークシート形式)
・リスニング25分
・リーディング/ライティング85分
・二次面接7分
(※マークシート形式+筆記作文)

出題ジャンル

ビジネスシーンの日常会話
(リーディング/リスニングのみ)
生活における幅広い語彙
(リスニング/リーディング/ライティング/スピーキング)

テスト形式は、英検に比べるとTOEICの方が2技能に限られるので対策しやすいですね。

ただし、TOEICの出題分野は「ビジネスシーンの日常会話」となっています。

日常生活にはあまり馴染みのないビジネス英語の知識が必要なので、TOEIC用単語集などを使ったテスト対策が必須となるのです。

「英検よりTOEICの方が難しい」という意見は、英検より多い単語数と出題範囲がビジネスに及んでいることが原因でしょう。

読者さま

英検に挑戦してみたいけど、まず何を勉強すれば良いかしら?

TOEICは受けたことがあるけど……。

たなえり

TOEICに挑戦したことがあるならば、英検のみ必要なスピーキングの勉強から始めるのが良いですよ!

英検2級のスピーキングテスト内容

英検2級のスピーキングテスト内容
引用:英検®公式ホームページ

英検2級の二次試験にはスピーキングがあります。

公式HPを確認すると、試験ではイラストが描かれたカードの描写を英語で説明したり、それに対する自分の意見も英語で説明したりしなければなりません。

過去の問題は、以下のような分野から出題されています。

  • 環境にやさしい素材
  • オンライン会議
  • 屋上緑化
  • ペット産業
  • 新しいエネルギー
  • サプリメント

社会性のある話題から出ているので、日頃からインターネットや新聞で情報をアップデートしておくと、本番も慌てずにすみますよ!

たなえり

ここでちょっと宣伝!
英検のスピーキング対策にはTALKING Marathon(トーキングマラソン)をおすすめします。

  • 自分の発音が正しいのか分からない
  • 誰かを相手に発音の練習をするのは恥ずかしい

こういったことでお悩みではないですか?

トーキングマラソンなら1日5分から始められるので、忙しい方のスキマ時間にぴったりです。

すべてスマホで完結できる自主トレアプリのため、予約や通学などの手間もいりません。

詳しくはこちらの記事をご覧くださいね。

また、英検2級は、必要単語数が約5,000語で記述問題もあります。

試験範囲が広いので大変ですが、「日常で英語を使いたい!」という目的であればTOEICを受けるよりも確実にスキルは身につきますよ。

こちらの記事で英検のおすすめ参考書をご紹介しています。

試験に出る語彙レベルを比較してみよう!

ここでは、TOEICと英検2級のテストに頻繁に出る単語を比較してみましょう。

今回は、それぞれ10個の単語をご用意しました。

答えられるかどうか、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

TOEIC

  • survey
  • equipment
  • according to
  • suggestion
  • due
  • contribute
  • specific
  • significant
  • further
  • various

これらの単語はビジネスシーンはもちろん、英語のレターや新聞でも頻繁に見かけます。

続いて英検2級です!

英検2級

  • adopt
  • consumer
  • ancient
  • avoid
  • inform
  • harmful
  • improvement
  • increasingly
  • prevent
  • therefore

英検は、社会性のある話題・環境など広範囲で使われる単語が多いですね。

あなたはどのぐらい答えられましたか?

たなえり

名詞・動詞や形容詞・副詞に惑わされず、すべて答えられた方はすばらしいです!

答えは以下で確認してくださいね。

TOEIC英検2級
・survey⇒調査

・equipment⇒備品・器具

・according to⇒〜によれば

・suggestion⇒提案

・due⇒支払い期限のきた 

・ contribute⇒提供する・貢献する 

・ specific⇒具体的な

・significant⇒重要な

・further⇒それ以上に

・ various⇒さまざまな
・adopt⇒〜を採用する

・consumer⇒消費者

・ancient⇒古代の・大昔の

・avoid⇒〜を避ける

・inform⇒〜を知らせる

・ harmful⇒有害な

・improvement⇒改良

・increasingly⇒ますます・だんだんと

・prevent⇒〜が‥するのを防ぐ

・therefore⇒したがって

「半分も答えられなかった……」そんな方でもまったく心配はありません!

単語は「覚える→忘れる→覚える」この繰り返しで頭にインプットされます。

焦る必要はないので、何度も挑戦してくださいね。

TOEIC700点と英検2級を比較!語彙レベルどのくらい違う? まとめ

最後に今回の内容をもう一度まとめます。

TOEIC700点と英検2級の違い
  • 英検2級はTOEICに換算すると550〜775点
  • TOEIC700点/英検2級を取得すると、進学や就職などさまざまな場面で有利になる
  • TOEICはビジネスシーンで使う語彙が多い
  • 英検は社会性のある話題、環境など広範囲の語彙が必要

TOEICと英検、出題される語彙に違いがありますが、どちらも必ず使われる基礎の英語です。

このレベルまでくると、あなたは次のように変わります。

  • 英語のニュースを読める
  • 海外旅行で英語で困ることがなくなる
  • 外国人のお友達と楽しく会話ができる

もっともっと英語が楽しくなっていきますよ♪

外国人と気軽に会話したいなら、オンライン英会話がおすすめです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次