【毎月更新】無料体験キャンペーンはココをクリック!

いざという時に英語が話せないのはなぜ?後悔やイライラの原因と対処法を解説!

読者さま

先日、外国人の観光客に英語で道案内ができませんでした。

英語には自信があったのに、いざ話そうとするとできなくてイライラします。

英語を話したくて勉強したのに、話せないのは悔しいですよね。

実はTOEICで900点以上取っている方でも、いざという時に英語を話せない方はわりと多いのです。

たなえり

私も学生時代に英検準1級をとりましたが、アメリカ人の女の子の発音が聞き取れませんでした。

そのときに英語ができることと英会話ができることは別だと気づいたんです。

そこで、この記事では英語を勉強したのに英語が話せない「原因」と「対処法」を解説します。

「あの時、こう話せばよかった!」と、後悔しないために、ぜひ参考にしてくださいね。

10年で5社のオンライン英会話に入会しました!
  • 仕事と育児の合間にオンライン英会話で英語学習、TOEIC900点に
  • 米国在住(駐在妻)、オンライン英会話を続けながら実践で奮闘中!
  • オンライン英会話の良さをあなたに届けたい

>>たなえりの詳しいプロフィールはこちら

オンライン英会話マニア、2児の母
たなえりです
目次

なぜ【英語が話せない】のか?後悔やイライラの原因

英語が話せないときの後悔やイライラの主な原因はこちらです。

英語が話せない原因
  • 学習時間が足りない
  • 普段から英語を使う必要がない
  • 周りの目を気にしている
  • 完ぺきな英語を求めている
  • 英語への苦手意識が強い

それでは、原因をもう少し深く解説していきます。

学習時間が足りない

単純に英語の学習時間が足りないことが原因かもしれません。

アメリカ国務省のデータによると、英語のネイティブ・スピーカーが日本語を習得するには2,200時間の学習が必要としています。

ということは、日本語のネイティブ・スピーカーが英語を習得する場合も、やはり同じくらいの学習時間が必要です。

ただ、TOEICや英検など資格取得のために学習してきた方にとっては、それなりの学習時間があるはずです。

読者さま

そうなんです。
かなりの時間を英語学習に費やしたので、何とか話せると思っていました。

では他に、何が足りないのでしょう?

それは、英語を実際に使って話すというアウトプットの学習時間が足りていない可能性があります。

たなえり

つまり、オムレツの作り方を知っていてもオムレツを作る練習をしないと、うまく作れないことと同じなのです。

普段から英語を使う必要がない

日本語さえ分かれば英語を使わなくても暮らせる環境が、英語を話せない原因の1つです。

多民族の国家だったり、英語の読み物が翻訳されていなかったりという環境では、英語を身につける必要にせまられます。

いっぽうで、日本には英語を翻訳したものが数多くあります。

そのおかげで外国のさまざまな読み物が簡単に読めますし、勉強もしやすいですよね。

また、周りの環境も日本人がほとんどなので、英語をつかう必要がないのです。

たなえり

自分から英語を話す環境を意識して作りましょう!

周りの目を気にしている

相手に伝えたい言葉が分かっていても、周りの目を気にしていませんか?

  • 発音が下手だと思われたくない
  • 文法が違っていたら恥ずかしい
  • 英語が通じなかったら恥ずかしい

相手にどう思われるかを気にしすぎるあまりに、話せなくなってしまいます。

たなえり

間違えると恥ずかしいという気持ち、よくわかります。

英語を話す目的は、言語が異なる相手とコミュニケーションをとることです。

読者さま

正しいかどうかより何を伝えたいか、ということが大事なんですね。

完ぺきな英語を求めている

完ぺきを求めすぎたために、いざという時に「間違っているかもしれない」という気持ちから、英語が話せなくなってしまいます。

私たちが何気ない会話をするとき、日本語の正しい文法や言葉の使い方を気にする人はあまりいませんよね。

また、第一言語が英語の国だからといって、すべての人が整った英語を話しているわけではありません。

さらに、発音もその国や地域によって訛りがあります。

たなえり

ある企業では、さまざまな言語を話す社員が一緒に働いていましたが、何を話しているのか分からない英語レベルの人もいたそうです。

でも、その人たちは仕事に必要なスキルを持っているので、正しい英語かどうかは誰も気にしませんでした。

つまり、会話の文法が正しいかどうかにこだわり過ぎなくてもいいのです。

英語への苦手意識が強い

とある大学の学生アンケートでは、リスニング問題を最初から聞かない、聞く前からあきらめてしまう学生が多かったそうです。

原因はリスニングの指導を受けていないために、苦手意識が強く残っていたからでした。

たなえり

苦手だと思うことにより、英語の知識が活かせないのはもったいないですよね。

【英語が話せない】後悔やイライラへの対処法3つ

英語が思うように話せないイライラの原因には、学習時間が足りないことの他にメンタル面の関わりがあることが分かりました。

ここからは、英語を話せず悔しい思いをしないための対処法3つをご紹介します!

英語を話すためには
  • 「話す」ことに特化した学習時間を増やす
  • とにかく英語を話す機会をつくる
  • 完ぺきを求めすぎない


それでは、1つずつ解説していきます。

「話す」ことに特化した学習時間を増やす

文法や単語の学習時間を増やしてもアウトプットの練習をしなければ、いざというときに使い方がわかりません。

なぜなら、「知っている英語」が「使える英語」ではないからです。

読者さま

そうはいっても、すぐに会話の相手を探すのは勇気がいります。

そこで、おすすめしたいアウトプットの練習法はこちらです。

  • シャドーイング
  • 瞬間英作文

シャドーイングは、英語を聞きながら真似をして発音することです。

お気に入りの英語のドラマや映画を見ながら、聞こえたままを真似してみましょう。

日常会話なので、話し言葉の言い回しや表現などが身につきますよ。

たなえり

会話では単語1つ1つがきちんと発音されているわけではありません。
なので、シャドーイングは、英語を聞くことに慣れる効果もあります。

瞬間英作文は、中学で習う文法を使って日本語を瞬時に英語に変換する学習です。

繰り返し練習することで使える英語が増えるので、いざという時に話せますよ。

1人で勉強することに不安があるなら、DMM英会話で講師と瞬間英作文の練習をするのもおすすめです。

とにかく英語を話す機会をつくる

英語は言葉なので話せるようになるには、赤ちゃんが言葉を覚える方法と同じです。

片言でも間違っても、話すことで覚えていきましょう。

テストで間違えたところって、しつこく覚えていませんか?

間違いを修正していくことは、何より効果的な勉強法です。

どんどん話して間違えることで、あなたの英会話力がアップしていきますよ。

たなえり

オンライン英会話なら、会話の機会が増えて自信がつきます!

完ぺきを求めすぎない

会話が完ぺきでないからといって、あなたのスキルに傷がつくわけではありません。

だれかと比較してしまうと、落ち込んだり話せなくなったりします。

他人ではなく、過去の自分より上達しているか比べてみましょう。

たなえり

リラックスして伝える」ことが上達への近道です。
続けていけば、必ず上達しますよ!

【英語が話せない】後悔とイライラの原因を解決して【話せる】に一歩近づこう!

英語の学習はそれなりに時間をかけて資格もあるのに、いざとなると話せなくなってしまう。

その原因は完ぺきな英語でなければならない、間違えたら恥ずかしい、という気持ちにあります。

英語が話せない原因
  • 学習時間が足りない
  • 普段から英語を使う必要がない
  • 周りの目を気にしている
  • 完ぺきな英語を求めている
  • 英語への苦手意識が強い
英語が話せないことへの対処法
  • 「話す」ことに特化した学習時間を増やす
  • とにかく英語を話す機会をつくる
  • 完ぺきを求めすぎない

今までインプットしてきた英語の文法や単語を活かすには、間違いを恐れずにリラックスして、どんどんアウトプットしていきましょう。

英語が話せなくて後悔したり、イライラしたりすることが次第に消えていきますよ。

たなえり

マンツーマンで練習すると効果が分かりやすいです。
オンライン英会話の無料体験を試すのも良いですよ。

いきなり話す機会を増やさなくても、少しずつ英語を話すことに慣れていきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる